滋賀県

メイン画像

甲賀市 (甲賀市商工会)

豊かな自然に囲まれ、信楽や甲賀流忍者の里として広く知られる甲賀(こうか)市。東海道の宿場としても賑わいを見せた甲賀は、長い歴史の中で多くの資源と共に、独自の文化を築いてきた。そんな甲賀独自の豊富な資源を活かして、観光に関わる地域施設等をブランドとして認定し、甲賀ならではの価値あるモノ・コトを国内外の多くの方に広く、長く愛されるよう努めている。

メイン画像

高島市 (高島市商工会)

琵琶湖の西北部に位置し、豊かな自然と歴史に恵まれた高島市は、京阪神にほど近い立地条件にありながら、ゆったりとした時間の中で各種体験やレジャーが楽しめる地域。野菜、米や湖魚・川魚、近江牛、近江しゃもなどの農水産品に加え、鮒寿し、地酒、醤油、味噌、酢など歴史と伝統に育まれた発酵食品が豊富な“発酵するまち”としても知られている。地場産業としては、縮織や帆布をはじめとする繊維産業が盛んなほか、全国の約9割を占める扇骨づくり、筆やロウソクなどの伝統的なものづくりの技が残る地域である。

メイン画像

大津北 (大津北商工会)

旧志賀町地域は、びわ湖バレイや水泳場等琵琶湖と比良山系の自然環境を活かした観光・レジャー施設があり、様々なレクリェーションの体験と四季おりおりの自然の魅力を感じることができる。南部においては、堅田地域を中心に中世以降湖上輸送の拠点として栄えた歴史があり、近江八景で有名な浮御堂、蓮如上人が一時身をゆだねられた本福寺、一休和尚が修養された祥瑞寺等の名所旧跡が数多く残るとともに、松尾芭蕉や高浜虚子、城山三郎等、著名な文化人が数多く訪れその足跡をのこした、歴史と文化に彩られた地域である。
 食や特産品では、琵琶湖の恵みを活かした湖魚の佃煮、鮒寿司等の地域特産品や、浮御堂や一休さん等歴史・観光資源をモチーフにした堅田落雁、一休餅等の地域の銘菓がある。また第一次産業が盛んなことから、地元の新鮮野菜、棚田米等の農作物や、しじみやモロコ、鮎等の魚介も豊富であり、大津北部地域の魅力となり、地域内外の方々に親しまれている。

メイン画像

長浜北 (長浜北商工会)

滋賀県北部に位置し、淀川・びわ湖の源流であるこの地域には豊富な自然資源があり、オオワシやアカショウビンなどの鳥やブナの原生林がある。また、日本海から北国街道や琵琶湖を経由して物資が京都、大阪へと運ばれた交通の要衝であり、歴史文化の色濃く残る地域である。