沖縄県

メイン画像

金武町 (金武町商工会)

沖縄那覇空港と海洋博美ら海水族館の中間地点でいずれも高速で約1時間と好アクセスな金武町。自然体験宿泊施設「ネイチャーみらい館」では、マングローブ゙カヌー体験・マリン体験・伝統工芸体験も充実しており、社員研修・新人研修・スポーツ合宿などにも利用がある。人気グルメ「タコライス」誕生のまちで、専門店では行列ができる程大人気。また、海兵隊基地を有し、英語表記の看板が立ち並ぶ店内からは、♫ジャズ・カントリー・ロック流れ、異国情緒にあふれ、非日常体験と評判である。

メイン画像

南城市 (南城市商工会)

南城市は沖縄本島南部の東海岸に位置する。太平洋と中城湾に面し、緑豊かな高台から眺める景色は、「絶景」として多くの人から人気を集めている。那覇空港から南城市の知念半島まではおよそ車で50分。徒歩で、およそ4時間。
豊かな自然を抱えながらも都市にも近いことから、気軽なショートトリップから快適なロングステイまで、幅広い旅のスタイルが楽しめる。ハートの地形をした南城市。ハートフルでおもしろくて優しい人達があなたのお越しをお待ちしている。

メイン画像

北谷町 (北谷町商工会)

北谷町は県都那覇市から約16kmの沖縄本島中部に位置し、町の東部から中央部は丘陵地をなし、西部は平坦で国道58号が南北に通過している。
近年は、公有水面埋立や返還軍用地の跡地利用による西海岸一帯の開発意欲が旺盛で、特に進出企業との共同で開発を進めている美浜アメリカンビレッジの進展に伴い、沖縄県内でも”賑わいのあるエリア”として高い評価を受けている。
産業については、卸小売業や飲食店などの第三次産業が主になっており、西海岸においては、大型ショッピングセンターや衣料・雑貨等のオリジナル専門店がめざましい進出を遂げている。

メイン画像

伊江島 (伊江村商工会)

本部半島の北西約9キロに浮かぶ。標高172㍍の城山がそびえ、四季折々の花が咲く島として人気。サンゴ礁や夕日の景勝でも知られ、心も体も癒やしてくれる。

メイン画像

西原 (西原町商工会)

西原町は、かつて琉球王府の直轄地であり、純農村地域である。そんな歴史から各所に文化財も残っており、県都の那覇市に隣接し、ゴルフ場、ビーチなどのレジャー施設も多い。県内一の製造品出荷を誇る「産業のまち」でもある。

メイン画像

名護 (名護市商工会)

沖縄本島の北部、2000年に九州・沖縄サミットが開かれた地。海岸の景勝はもちろん、名護城跡など歴史スポットも多く、屋我地大橋で結ばれた風光明媚な屋我地島も人気が高い。1月に花咲く寒緋桜でも知られる。