岡山県

メイン画像

阿哲 (阿哲商工会)

阿哲商工会のある新見市は、岡山県の西北部で中国山地を背に高梁川の源流に位置し、カルスト地形によるいくつかの鍾乳洞を有する。毎年秋には船川八幡宮秋季大祭(10月15日)の行事として、御神幸武器行列が行われる。また、鮎やアマゴを始めとした渓流釣りを楽しめ、冬は気温が低く、山間部では良質の雪が積もり、スキーが楽しめる。その豊かな自然の恵みを受け、千屋牛、ニューピオーネ、白桃、桃太郎トマトなどの農産物が名産品である。

メイン画像

備北 (備北商工会)

高梁市は、岡山県の中西部に位置し、県下三大河川の一つ高梁川が中央部を南北に貫流し、その両側に吉備高原が東西に広がっている。地勢は総じて西に高く東に低く高梁川と成羽川、その支流に沿って帯状に曲折した低地部と高原部分とからなっている。
この地域は、古来「備中の国」として中核を占め、近世では幕藩体制のもとに,を中心として、また近代以降においても政治、経済、教育の中心地として栄え、今日に至っている。

メイン画像

岡山西 (岡山西商工会)

岡山市西部に広がる吉備・高松・地区は、古代から戦国、近代にかけた歴史上の人物の足跡や伝説ゆかりの名所が点在するところ。古い家並みが残る地区もあり、季節を問わず散策の楽しいエリアだ。