長野県

メイン画像

阿智村 (阿智村商工会)

阿智村は長野県の中でも「南信州」と言われるエリアに属し、岐阜県に接し愛知県にほど近いところに位置している。標高差は410mから2191mまで実に1700m余もある。この標高差を活かして各種の農産物が豊富にとれるため農業は阿智村の「基盤産業」にもなっている。
昭和49年に出湯した「昼神温泉」は、今では20の旅館が集積する南信州随一の温泉郷になっており、年間約69万人の入込客数を数えるまでになっている。
ショッピングセンター・ピアを中心とした中心市街地には各種商店・飲食店が軒を連ね、一部上場の自動車部品メーカーの長野工場もあるなど商工業も盛んである。

メイン画像

小谷 (小谷村商工会)

北アルプスの白馬山麓最北端にあり、2つの国立公園を有する豪雪地帯。春は山菜狩り、夏はトレッキング、秋は自然園から雨飾山、鎌池へと続く紅葉、そして冬はスキーと、四季折々に旅を楽しめる。

メイン画像

長野 (長野県商工会連合会)

山岳や盆地など多様な自然環境に恵まれた内陸県。「信州」の名で親しまれ、温泉、花、グルメ、また城下町や宿場町など魅力は多岐にわたる。テーマを掲げたモデルプランを用意し、四季折々の旅のニーズに応える。