神奈川県

メイン画像

真鶴町 (真鶴町商工会)

「真鶴」は、神奈川県の西部にある小さな半島の町。半島の先端、真鶴岬では景勝、三ツ石を望める。町の名は、地図上の形が鶴に似ていることから付けられた。
古くから上質の石材とされる小松石の産地でもあり、江戸城の石垣、皇族の墓石としても有名である。
また、半島全体は樹齢350年以上の黒松の林(御林)があり、魚付き保安林として漁師の方に守られており、県立真鶴半島自然公園に指定されている。