愛媛県

メイン画像

松野町 (松野町商工会)

松野町は人口規模4,400名、町土の84%が森林であり、足摺宇和海国立公園「滑床渓谷」を有し、清流四万十川最大の支流である広見川、また源流の目黒川がある。
観光資源として、土佐街道の要所であった「旧松丸街道」には、風情ある商家や造り酒屋が並び、四国最大とも言われる中世の城郭「河後森城」や昭和63年から整備された「森の国ホテル」、平成8年にオープンの「虹の森公園」並びに淡水魚水族館「おさかな館」、JR予土線松丸駅と一体となっている「森の国ぽっぽ温泉」がある等、観光産業が盛んな町である。